大阪市営バス 時刻表

大阪市営バスの時刻表情報や、大阪市営バスの運賃や料金、お得な定期券、大阪駅前からの路線が載っている路線図などの情報も提供していますので参考にしていただけると嬉しいです。

大阪市営バスの運賃がお得な乗車券

大阪市営バスには運賃が格安になるたくさんの乗車券が販売されていますが、得にお勧めなのが、「共通一日乗車券」です。


大阪市交通局が発売している「共通一日乗車券」は、地下鉄、市営バス、赤バス、ニュートラムが一日乗り放題となり、一部の観光施設の入場料が割り引かれるとてもお得な乗車券です。


この乗車券は、地下鉄全駅の自動券売機でも購入できるようになりましたが、バス車内でも発売しており、委託販売所すらなく直接の入手がしづらい堺駅西口・近鉄八尾駅などからの利用には非常に便利だと喜ばれています。


また、購入した時点では利用日が印字されていないので、あらかじめお買っておいて使いたい日に利用することが出来ます。つまり、改札機などに投入したその日1日が乗り降り自由ということです。


「共通一日乗車券」の発売金額は、大人:850円、小児:430円となっていますが、定期観光バスとユニバーサル・スタジオ・ジャパン直行バスには利用できません。


その他の地下鉄・バス・ニュートラム全線でご利用可能ですし、天王寺動物園や通天閣、大阪ドーム、大阪歴史博物館、大阪市立科学館などたくさんの施設で入場料金が割り引かれるうれしいサービスもついいていますので結構お得な乗車券だと思います。


大阪市営バスで販売している定期券とは違い、「共通一日乗車券」には有効期限が無いのが特徴ですので、あまりバスを利用されない方でも持ってて損はありませんよね。詳しくはホームページをご覧になりぜひご活用いただけたらと思います。

大阪市営バスの路線とバスターミナル

大阪市全域を運行エリアとする大阪市営バス路線はバスターミナルから出ていますが、バスターミナルには、大阪駅前やなんば、あべの橋、天満橋、歌島橋バスターミナル、弁天町バスターミナルがありますし、横堤バスターミナル、北巽バスターミナル、南港バスターミナル、出戸バスターミナル、野田阪神前、地下鉄住之江公園と12箇所あります。


また、大阪市営バスの公式ホームページで路線図を見ると、バスからの乗り継ぎもできる地下鉄の主な路線には御堂筋線や谷町線、四つ橋線、中央線、千日前線、堺筋線、長堀鶴見緑地線、今里筋線、南港ポートタウン線などがあることがわかります。


大阪市営バスの運賃・料金は200円均一(大人)で安いですし、定期の定期券代も安く、回数券や乗車券も各種用意されていて便利に使うことができます。ホームページには路線図や時刻表も掲載されていますので、行き先がわかれば所要時間もわかりますよね。これらを参考にして大阪市営バスを是非利用してみてください。


また、大阪市営バスでは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン直行バスの運行も行っているのをご存知でしょうか。
現在、アメリカ映画のテーマパークとして大人気の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へのアクセス路線として住之江公園から直行バスが出ています。


このシャトルバスは、全席着席制です。乗り換えもなく、必ず座れるので「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に行くならお勧めです!


片道所要時間約45分で、料金は、大人が400円、小児が200円ですからそんなに高くないと思いますのでぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

大阪市営バスの定期券と定期代

大阪市営バスには、定期券が販売されており、通常販売されている定期券には、通勤定期券・通学定期券・学期別通学定期券・昼間割引定期券などがあります。


定期代は、バス全線定期券で1ヶ月8400円(大人)となっており、大阪市営バスなら赤バスも含めてどの区間でも自由に利用することができますが、通勤定期券2キロ未満は、 赤バスではご利用いただけなという例外もありますのでご注意ください。


また、大阪市営バスを運営する大阪市交通局では、平成20年4月1日より、これまで通学区間に限定して発売していたバス通学定期券(バス・地下鉄連絡定期券を含む)の区間指定を廃止し、バス全線で利用できるようになりました。料金については、従来の4キロメートル未満の料金に据え置きとなりましたのでとてもお得でさらに便利になったと思います。


なお、定期券代を調べたい場合は、大阪市交通局の公式ホームページで乗車料金に関するページがありますのでそこを開いてください。


地下鉄・バスの乗車料金というメニューをクリックして開いたページに定期券の料金表が掲載されていますので是非ご活用ください。


大阪市営バスの定期券を購入できる場所は、乗車券発売所一覧というページで調べることができますが、駅構内や、各営業所で購入できることがわかりますよね。ただし、定期券を買いに行ったら閉まっていたなんてことがないように休業日や発売時間は、よく確認してからのほうがよいと思います。

大阪市営バスの運賃と乗り継ぎ

大阪市営バス運賃を知りたい場合は、大阪市営バス(大阪市交通局)の公式ホームページをご覧になってください。


大阪市営バスのホームページの中に、乗車料金というページがありますので開いてください。すると、各種乗車券や乗車券等発売場所、地下鉄各駅/バス営業所/主要バスのりば案内などのメニューがたくさんあります。ここでは、大阪市営バスの運賃を知りたいので、乗車料金(地下鉄・バス) をクリックしてください。


開いたページに運賃表が掲載されていますが、大阪市営バスの運賃は、乗車距離にかかわらず大人が200円均一、小児が100円均一であることが分かりますよね。運賃表には、他にも回数券や定期券の料金も掲載されています。通勤や通学などにバスを利用しても毎回運賃を支払うと、かなりの出費になりますよね。


大阪市営バスでも、他の市営バス同様に回数券や定期券を販売していますので、少しでも交通費を抑えるために活用するといいでしょう。


回数券の他に様々な定期券や、便利なバスカード・お得な乗車券も販売していますので、大阪市営バスを普段から利用されている方は活用することをお勧めします。


またバス→バスの乗り継ぎに関しては1回に限り90分以内であれば乗り継ぎ可能となっています。他系統のバスに乗り継ぐ場合には、降車時にバス乗継券発券機の発券ボタンを押して、バス乗継券を受け取ります。


大阪市営バスでは、地下鉄に乗り継ぐことも可能で、料金箱の地下鉄乗継ボタンを押して、所定の料金を支払えば地下鉄連絡券が発券されます。バス乗継券と地下鉄連絡券を組み合わせた利用(例・バス→バス→地下鉄、地下鉄→バス→バス等)もできますが、詳しくはホームページをご覧ください。

大阪市営バスの路線図を見る

大阪市営バスのの路線図は、大阪市営バスを運営する大阪市交通局の公式ホームページで見ることができます。


大阪市営バスは、大阪府大阪市が運営する公営バスで、大阪市交通局が運行を行っているバスです。


大阪市営バスは大阪市全域を運行エリアとしており、路線としては、隣接する守口市(営業所も所在)、門真市、東大阪市、八尾市、堺市、松原市、摂津市にも乗り入れており、総営業キロ数は624.2km、保有車両数は約900両ありますから、
まさに大阪市民の足として大活躍していると言えますね。


大阪市営バスの路線図を見るには、大阪市交通局の公式ホームページに路線図というページがありますのでそこえをクリックして開いてください。市バスの路線図と赤バスの路線図があることが分かります。どちらも路線図をクリックすれば見ることができますよ。


ちなみに、赤バスは、大阪市交通局の小型ノンステップバスによるコミュニティバスで、名称は車体の色が赤いことら「赤バス」に公募によって決定されました。運賃は100円均一で、このため100円バスの役割もあります。


このため、大阪市営バスの路線ではカバーしきれない、各区内の住宅地と病院・商店街・鉄道駅・区役所などの公共施設をきめ細かく結ぶ地域に密着した公共交通サービスとして貴重な役割を担っています。100円バスを知らずに大型バスを利用している方はもったいないですから、すぐに路線図をチェックしてみてください。

大阪市営バス 時刻表カテゴリー項目一覧

大阪市営バス 定期券

大阪市営バスの定期券と定期代

大阪市営バス 時刻表

大阪市営バスの時刻表を調べる

大阪市営バス 路線図

大阪市営バスの路線とバスターミナル 大阪市営バスの路線図を見る

大阪市営バス 運賃

大阪市営バスの運賃がお得な乗車券 大阪市営バスの運賃と乗り継ぎ


大阪市営バス 時刻表のおすすめ!

大阪市営バスの運賃がお得な乗車券

大阪市営バスには運賃が格安になるたくさんの乗車券が販売されていますが、得にお勧めなのが、「共通一日乗車券」です。


大阪市交通局が発売している「共通一日乗車券」は、地下鉄、市営バス、赤バス、ニュートラムが一日乗り放題となり、一部の観光施設の入場料が割り引かれるとてもお得な乗車券です。


この乗車券は、地下鉄全駅の自動券売機でも購入できるようになりましたが、バス車内でも発売しており、委託販売所すらなく直接の入手がしづらい堺駅西口・近鉄八尾駅などからの利用には非常に便利だと喜ばれています。


また、購入した時点では利用日が印字されていないので、あらかじめお買っておいて使いたい日に利用することが出来ます。つまり、改札機などに投入したその日1日が乗り降り自由ということです。


「共通一日乗車券」の発売金額は、大人:850円、小児:430円となっていますが、定期観光バスとユニバーサル・スタジオ・ジャパン直行バスには利用できません。


その他の地下鉄・バス・ニュートラム全線でご利用可能ですし、天王寺動物園や通天閣、大阪ドーム、大阪歴史博物館、大阪市立科学館などたくさんの施設で入場料金が割り引かれるうれしいサービスもついいていますので結構お得な乗車券だと思います。


大阪市営バスで販売している定期券とは違い、「共通一日乗車券」には有効期限が無いのが特徴ですので、あまりバスを利用されない方でも持ってて損はありませんよね。詳しくはホームページをご覧になりぜひご活用いただけたらと思います。

大阪市営バスの時刻表情報や、大阪市営バスの運賃や料金、お得な定期券、大阪駅前からの路線が載っている路線図などの情報も提供していますので参考にしていただけると嬉しいです。


大阪市営バス 時刻表 Pick Up!

大阪市全域を運行エリアとする大阪市営バス路線はバスターミナルから出ていますが、バスターミナルには、大阪駅前やなんば、あべの橋、天満橋、歌島橋バスターミナル、弁天町バスターミナルがありますし、横堤バスターミナル、北巽バスターミナル、南港バスターミナル、出戸バスターミナル、野田阪神前、地下鉄住之江公園と12箇所あります。


また、大阪市営バスの公式ホームページで路線図を見ると、バスからの乗り継ぎもできる地下鉄の主な路線には御堂筋線や谷町線、四つ橋線、中央線、千日前線、堺筋線、長堀鶴見緑地線、今里筋線、南港ポートタウン線などがあることがわかります。


大阪市営バスの運賃・料金は200円均一(大人)で安いですし、定期の定期券代も安く、回数券や乗車券も各種用意されていて便利に使うことができます。ホームページには路線図や時刻表も掲載されていますので、行き先がわかれば所要時間もわかりますよね。これらを参考にして大阪市営バスを是非利用してみてください。


また、大阪市営バスでは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン直行バスの運行も行っているのをご存知でしょうか。
現在、アメリカ映画のテーマパークとして大人気の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へのアクセス路線として住之江公園から直行バスが出ています。


このシャトルバスは、全席着席制です。乗り換えもなく、必ず座れるので「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に行くならお勧めです!


片道所要時間約45分で、料金は、大人が400円、小児が200円ですからそんなに高くないと思いますのでぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

大阪市営バスには、定期券が販売されており、通常販売されている定期券には、通勤定期券・通学定期券・学期別通学定期券・昼間割引定期券などがあります。


定期代は、バス全線定期券で1ヶ月8400円(大人)となっており、大阪市営バスなら赤バスも含めてどの区間でも自由に利用することができますが、通勤定期券2キロ未満は、 赤バスではご利用いただけなという例外もありますのでご注意ください。


また、大阪市営バスを運営する大阪市交通局では、平成20年4月1日より、これまで通学区間に限定して発売していたバス通学定期券(バス・地下鉄連絡定期券を含む)の区間指定を廃止し、バス全線で利用できるようになりました。料金については、従来の4キロメートル未満の料金に据え置きとなりましたのでとてもお得でさらに便利になったと思います。


なお、定期券代を調べたい場合は、大阪市交通局の公式ホームページで乗車料金に関するページがありますのでそこを開いてください。


地下鉄・バスの乗車料金というメニューをクリックして開いたページに定期券の料金表が掲載されていますので是非ご活用ください。


大阪市営バスの定期券を購入できる場所は、乗車券発売所一覧というページで調べることができますが、駅構内や、各営業所で購入できることがわかりますよね。ただし、定期券を買いに行ったら閉まっていたなんてことがないように休業日や発売時間は、よく確認してからのほうがよいと思います。

大阪市営バス運賃を知りたい場合は、大阪市営バス(大阪市交通局)の公式ホームページをご覧になってください。


大阪市営バスのホームページの中に、乗車料金というページがありますので開いてください。すると、各種乗車券や乗車券等発売場所、地下鉄各駅/バス営業所/主要バスのりば案内などのメニューがたくさんあります。ここでは、大阪市営バスの運賃を知りたいので、乗車料金(地下鉄・バス) をクリックしてください。


開いたページに運賃表が掲載されていますが、大阪市営バスの運賃は、乗車距離にかかわらず大人が200円均一、小児が100円均一であることが分かりますよね。運賃表には、他にも回数券や定期券の料金も掲載されています。通勤や通学などにバスを利用しても毎回運賃を支払うと、かなりの出費になりますよね。


大阪市営バスでも、他の市営バス同様に回数券や定期券を販売していますので、少しでも交通費を抑えるために活用するといいでしょう。


回数券の他に様々な定期券や、便利なバスカード・お得な乗車券も販売していますので、大阪市営バスを普段から利用されている方は活用することをお勧めします。


またバス→バスの乗り継ぎに関しては1回に限り90分以内であれば乗り継ぎ可能となっています。他系統のバスに乗り継ぐ場合には、降車時にバス乗継券発券機の発券ボタンを押して、バス乗継券を受け取ります。


大阪市営バスでは、地下鉄に乗り継ぐことも可能で、料金箱の地下鉄乗継ボタンを押して、所定の料金を支払えば地下鉄連絡券が発券されます。バス乗継券と地下鉄連絡券を組み合わせた利用(例・バス→バス→地下鉄、地下鉄→バス→バス等)もできますが、詳しくはホームページをご覧ください。

大阪市営バスのの路線図は、大阪市営バスを運営する大阪市交通局の公式ホームページで見ることができます。


大阪市営バスは、大阪府大阪市が運営する公営バスで、大阪市交通局が運行を行っているバスです。


大阪市営バスは大阪市全域を運行エリアとしており、路線としては、隣接する守口市(営業所も所在)、門真市、東大阪市、八尾市、堺市、松原市、摂津市にも乗り入れており、総営業キロ数は624.2km、保有車両数は約900両ありますから、
まさに大阪市民の足として大活躍していると言えますね。


大阪市営バスの路線図を見るには、大阪市交通局の公式ホームページに路線図というページがありますのでそこえをクリックして開いてください。市バスの路線図と赤バスの路線図があることが分かります。どちらも路線図をクリックすれば見ることができますよ。


ちなみに、赤バスは、大阪市交通局の小型ノンステップバスによるコミュニティバスで、名称は車体の色が赤いことら「赤バス」に公募によって決定されました。運賃は100円均一で、このため100円バスの役割もあります。


このため、大阪市営バスの路線ではカバーしきれない、各区内の住宅地と病院・商店街・鉄道駅・区役所などの公共施設をきめ細かく結ぶ地域に密着した公共交通サービスとして貴重な役割を担っています。100円バスを知らずに大型バスを利用している方はもったいないですから、すぐに路線図をチェックしてみてください。